2円切手の図柄はうさぎ。その他の切手は?

人との連絡には、メールやラインといった電子ツールが主流になってきた昨今、切手を貼って物を送るといった機会も少なくなってきましたね。

なので、切手の図柄なんて気にしないという人は多いはず。

まして10円以下の切手を使う機会なんて少ないでしょう。80円切手を持っていて、2円分を追加で買う、そんな使い方でしょう。

その2円切手の図柄がうさぎ。

ここでは、この切手について深堀りしていきます。

スポンサーリンク

2円切手の図柄はうさぎ

2円切手は冒頭の写真にあるように、真っ白なうさぎです。

このうさぎは、「エゾユキウサギ」。

そしてこのエゾユキウサギは、「エゾ(蝦夷)」とつくだけあって、北海道に生息する日本のうさぎなんです。

種としてのユキウサギは、世界の北部地域に生息しています。

 

ネザーランドドワーフやホーランドロップと同じようなうささぎなのかと思うかもしれませんが、違います。このエゾユキウサギはノウサギ属に属します。

ネザーランドやホーランドはアナウサギ属のうさぎ。属単位で違う動物なんです。

 

この2円切手の発行日は、2014年4月。

当時は、20年ぶりに郵便料金の引き上げの時期だったんです。消費税が5%から8%に上がった年です。

それに合わせてデザインし発行されました。50円から52円へ、80円から82円へということです。

50円と80円を持っている人は、2円切手を貼れば送ることができますので、この機会に新しく発行したんです。

 

それまで2円切手はしばらくありませんでした。

しばらくなかった、ということは存在していたことがあるということです。2002年まで2円切手は発売されていました。図柄は秋田犬です

2円切手なんてあまり使いませんから廃止された、そんな流れです。

 

2円切手の図柄が、なぜうさぎなのかという疑問もあります。

2014年の新しく発表された図柄は、11種。「日本の自然」をテーマにしています。

うさぎの他には、植物や国立公園が図柄になっているんですね。

 

デザインは、切手デザイナーの貝淵純子さんという人が手掛けています。日本優郵便のデザイン担当の人。

この人が決めた、ということで理由までは分かりませんが、テーマの「日本の自然」にあてはまるものから選んだという他、分かりません。

 

推測するとすれば、「うさぎは跳ねる」といって縁起がいいわけですから、飛躍の年になるよう、そのように決めたのかもしれません。

また、次章で紹介しますが、切手の図柄というのは、50円以下は動物の図柄になっています。

動物の中からうさぎが選ばれたということです。そして、日本のうさぎ、エゾナキウサギを選んだのでしょう。カイウサギはヨーロッパ原産ですから海外由来です。

他の切手の図柄は?

切手一覧

2円切手がうさぎだと他の図柄も気になりますよね。2019年現在の切手です。

  • 1円・・・前島密
  • 2円・・・エゾユキウサギ
  • 3円・・・シマリス
  • 5円・・・ニホンザル
  • 10円 ・・・トキ
  • 20円・・・ニホンジカ
  • 30円・・・キタキツネ
  • 50円・・・ニホンカモシカ
  • 62円・・・ソメイヨシノ
  • 82円・・・ウメ
  • 92円・・・スミレ
  • 100円・・・サクラソウ
  • 120円・・・フジ
  • 140円・・・ヤマブキ
  • 205円・・・縄文杉
  • 280円・・・那智の滝
  • 310円・・・利尻島
  • 500円・・・奥入瀬渓流
  • 1000円・・・富士山

50円までが動物、62円から140円までが植物、205円から1000円までが日本の国立公園となっています。

8円切手も載せてしまいましたが、これは海外郵便物用の期間限定切手です。

 

さて、1円の前島密とは誰なのかというと、郵便制度の創設者。

「まえじま ひそか」と読みます。「密」を「ひそか」と呼ぶおしゃれな名前の人です。

原点はこの人にあり、ということで、1円の図柄になっているのでしょう。

まとめ

2円切手はうさぎです。2014年の切手刷新の時に、発行されました。

「跳んで、さらなる飛躍を」。

そんな思いを込めて作られた切手なのかもしれません。(おわり)

スポンサーリンク