野うさぎは英語で「hare」。「rabbit」との違いは?

「野うさぎ」という単語を英語で調べると「hare」。

あれっ、「rabbit」じゃないの?と思うかもしれません。

「hare」と「rabbit」は、実をいうと違うのです。

どう違うのか、ちょっと紹介しますね。

スポンサーリンク

「hare」と「rabbit」の違い

「hare」。

聞き慣れない英単語だと思います。「rabbit」ならすぐ分かるでしょう。

日本人の感覚だと、野うさぎもうさぎだから、「rabbit」でいいのではないか・・・。

 

けれど、外国人の感覚だと違うのです。

というのも、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違うから。

私たちの飼っているうさぎは、種類的には「アナウサギ」を改良したものなのです。一方、野うさぎは、アナウサギではありません。

 

ちょっと難しい話になってしまうんですが、うさぎというのは、ウサギ科とナキウサギ科に分類されます。

さらに、ウサギ科は、アナウサギ属とのノウサギ属に分けることができます。本当はもっと細かく分かれているんですけど、ここでは、分かりやすく2つだけにしますね。

うさぎの系統図

「属」というのは、生物分類学の階級の一つなんです。

 

よく、「○○目××科△△属」という表現をみませんか。この階級のことです。「属」の下は「種」です。

「固有種が発見されました!」

というニュースが流れることがありますが、「固有種」の「種」は生物分類学上の単位なのです。

 

ですから、「属」は「種」の上ですから、生物分類学上、結構遠いです。

ですので、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違います。だから英語でも「hare」と「rabbit」として分けられているんですよ。

 

ちなみに、「目」の上には、「綱」「門」「界」があります。

人間を例に挙げると、「動物界脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属ヒト種」となります。

アナウサギとノウサギの違い

アナウサギとノウサギは一見、同じように見えますが、違いは多くあります。

ノウサギの特徴を挙げますね。

  • 耳が長くて大きい
  • 手と足が長い
  • 体が大きめ
  • 群れは作らず単独で生活
  • 巣を作らない
  • 行動範囲が広い

一方、アナウサギの特徴です。

  • 耳が短い
  • 体が小さい
  • 集団で生活する
  • 穴を掘って巣を作る
  • 行動範囲が狭い

私たちが飼っているうさぎは、このアナウサギを改良したもの。ですから特徴が似ています。

穴をホリホリする行動がありますよね。

 

ところで日本に野うさぎはいるのか、ということですが、いますよ。

「ニホンノウサギ」といううさぎ。

本州、四国、九州に棲息しています。数は減少していて県によっては、準絶滅危惧種に指定されていますよ。

〇ニホンノウサギの動画

まとめ

野うさぎは英語で「hare」です。

「rabbit」は、アナウサギのことです。私たちが飼っているのは、このアナウサギを改良したものですよ。

一見、同じように見えますが、詳しくみてみると違った生き物なのです。(おわり)

スポンサーリンク