うさぎは目の前の餌が見えないってホント?視野角はどれくらい?

うさぎは草食動物ですので視野は広いです。でも目の前の餌が見えないというのはご存じでしょうか。

うさぎは顔の横に目がついていて、うさぎの「目の前」というと顔の横になってしまいます。

人間と同じように顔の前方を目の前として話を進めていきますね。

スポンサーリンク

うさぎは餌が見えない?

猫に手の平から餌を与える時は、猫はまず餌を見て、臭いをかいでから食べ始めます。餌が見えているので迷いはありません。

しかし、うさぎの場合、手の平から餌をあげる時、臭いを嗅いで手のひらをまさぐって食べます。ピンポイントで餌に口が行きつきません。

このことからも餌は見えていないのが分かります。

 

でもこれは顔の造りを見ていれば分かります。目は顔の横についていますし、口元は鼻の部分が邪魔をして見えないのです。

見えなくても、鼻が利きますので問題ありません。嗅覚と口元の触覚が非常に優れているので、見えなくても判別して食べられます。

厳密にいいますと、口元の部分が見えないだけで、その他の部分は見えています。

うさぎの視野角は?

うさぎの視野は広いです。目が少し飛び出ていますよね。360度見渡せるのです。

馬は350度。草食動物は狙われる立場ですから、広く見渡せるように進化していったのですね。

逆にいえば、目の位置を見て草食動物か肉食動物か見分けられるということも可能ということです。

 

あと、うさぎは顔の横に目がついているということは、片目で世界をみているということなります。厳密には前方と後方の狭い部分は両目で見ることができます。

人間は両目で世界を見ていますよね。片目をつむって見渡すと遠近感がはっきりしません。うさぎも同じです。

うさぎは遠近感がはっきりしないぼやっとした世界を見ています。

 

うさぎは、敵がいるかどうか判別できることが大事。狙われる立場の為、広範囲を見られる目のほうがメリットが大きいのです。

それに比べて肉食動物は遠近感が大事。獲物の位置がずれていては捕まえることができません。目は前についていて、両目で見える範囲も広いです。

うさぎは視力は悪いです。敵を察知するため視力も進化したのかと思いきや、あまりよくありません。ただ、優れた聴力を持ち合わせていますので、そちらでカバーしています。

まとめ

今回は、うさぎの視野について紹介しました。口元が見えないというのは意外だったのではないでしょうか。

餌をあげる機会があったら是非確かめてください。うさぎのクンクン鼻動かして食べる姿もかわいいですよ。(おわり)

スポンサーリンク